一青妙 HITOTO TAE

Essay

2021.10.31

『2021年認知症ケア国際研究会議』での講演

講演 台湾 台南 歯科
日本からオンラインで講演

10/30、台南の奇美病院国際会議場で『2021年認知症ケア国際研究会議』が開催され、
日本からオンラインで講演を行いました。

内容は、日頃行なっている介護施設での訪問歯科診療の経験を基に、認知症の方の口腔ケアの大切さや、
食事、栄養のことなどについて。

講演後

——認知症の高齢者に適した台南の食べ物でお勧めはありませんか?

との質問が出ました。
とっさに米糕と答えたのですが、後から考えれば、碗粿やサバヒー粥、トロミのついた田鰻炒めなど、
ほかにも沢山あることに気がつきました。

もしかして、台南の小吃は高齢者に優しい食べ物かも!
いつか、このテーマでちょっと調査してみたいと思います。

今回の講演は、社団法人台南市日本人協会の古関光浩常任理事より、お声がけ頂きました。
古関先生は台湾で医師免許を取得し、現在、台南の奇美病院の内科レジデントとして日々忙しくされております。
日本人が台南で活躍されていること、とても嬉しく思うと同時に、尊敬しています。

講演が、台南を訪れる機会となれば最高でしたが、まだまだ日台の往来の正常化には時間がかかりそう。
集合写真の「讃」のポーズで台湾を感じた以外、もうしばらく我慢することにします。

みなさん、ありがとうございました。




share